サーバ選び7つの基準

サーバーの選び方を、Googleウェブマスターアカデミーの、7つの考慮点に沿って解説します

サーバー選びの7つの基準

サーバー選びの基準を知ろう!

ウェブサイトをセットアップするためには、サーバーを用意する必要があります。

サーバーの選び方についてGoogleは、自身が運営するウェブマスターアカデミーにて、7つの考慮点を紹介しています。

基準1.アップタイム

アップタイムとは、サーバが連続稼動している時間をさします。
サーバー選びのときにはサーバー停止が少ないものを選びましょう。実稼働時間やSLAなどをチェックすることで、比較検討が可能になります。

詳細をみる

基準2.帯域幅

帯域幅とは、たくさんのアクセスに耐えられるかどうかの指標です。
データ転送量とデータ転送速度の二つの意味を持つことがありあす。サービスによっては制限があるので、サーバー選びのさいには確認しておきましょう。

詳細をみる

基準3.セキュリティ

セキュリティとは、適切な人が、正しい情報に、必要なときにアクセスできることを保障するためのものです。
セキュリティは、効果と価格、利便性のバランスを考えて導入するようにしましょう。

詳細をみる

基準4.カスタマーサポート

カスタマーサポートとは、ユーザーのサポートのことです。
「サポート窓口」と「問い合わせ可能時間帯」を考慮してサーバー選びを進めていきましょう。

詳細をみる

基準5.価格

価格差は、サポートやサーバー関連費の違いから生まれてきます。
適切なサポートを大きな制限なく受けるためには、一定の費用は必要になってきます。コストを出し惜しみすると、サポートレベルの低下や制限が発生する可能性があります。

詳細をみる

基準6.使いやすさ

レンタルサーバーやVPS、ホスティング、クラウドによって使い勝手が大幅に変わってきます。
あなたのサーバーに関するスキルやリテラシー、運営するウェブサイトの特性によって、利用するサービスを選ぶようにしましょう。

詳細をみる

基準7.追加のサービスや機能

メールアカウントなど、ウェブサイト運営に必要なものを提要できるかどうかも確認しておきましょう。

詳細をみる

公開日:
最終更新日:2015/10/21