サーバ選び7つの基準

サーバーの選び方を、Googleウェブマスターアカデミーの、7つの考慮点に沿って解説します

エックスサーバー

ドメインとサーバーは同じ所で用意したほうがいいのか?

   

ドメインとサーバーは同じ所で用意したほうがいいですか?

レンタルサーバー屋の中の人が回答します。

準備を単純にしたければ、同じ所で用意しましょう。

レンタルサーバーに関する知識が少なく、準備する手間を極力減らしたい場合は、ドメインとレンタルサーバーを同じ会社で用意しましょう。

反対に知識があり、サーバー移設の可能性がある場合は、ドメインとレンタルサーバーを別の会社で用意するといいでしょう。

同じ会社で用意する場合

レンタルサーバーとドメインを同じ会社で用意する場合のメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット:窓口が一本化される

問合せ先が一つになるので、あなたがどちらに聞くべきかを判断する必要がなくなります。

レンタルサーバーとドメインが別々の会社になっている場合、問題があった場合に、どちらの会社に聞けばいいのか、自分で切り分ける必要があります。同じ会社で用意している場合は、窓口が一つになるので、自分で切り分けをする必要がなくなります。

メリット:おまけでドメインが付いてくる場合がある

レンタルサーバーを契約するときに、おまけとしてドメインが付いてくる場合があります。ドメイン維持と管理費用が無料の場合もあるので、ドメインの費用をゼロにすることができます。

デメリット:レンタルサーバーの変更がめんどくさい

アクセスが増えてきてレンタルサーバーを変更したくなったとき。レンタルサーバーの契約にドメインの契約も関連づいている場合は、ドメイン移管を行わなければいけません。ドメインは今のままで、レンタルサーバーだけ変更ができないのです。

ドメイン移管は、移管元と移管先に対して必要な手続きをするだけなので、手間的には大したことありませんが、前知識がない人にとってはハードルが高いものとなります。最悪の場合は、サイトが見れなくなってしまう可能性も。。。

また、移管手数料がかかる場合もあり余計な出費も発生します。

デメリット:レンタルサーバー変更のタイミングでドメインが失効する

ドメインの移管ができればいいですが、レンタルサーバー業者によっては、ドメインの移管ができない場合があります。その場合、レンタルサーバーの解約とともにドメインも利用できなくなってしまいます。

レンタルサーバーとドメインを同じ所で取得する場合は、事前に確認しておきましょう。

別の会社で用意する場合

メリット:レンタルサーバーに依存しない

レンタルサーバーとドメインの依存関係がないので、レンタルサーバーを変更する場合でも、ドメイン移管の手続きが不要になります。

デメリット:窓口がわかれてめんどくさい

何か問題が発生した場合に、どちらに連絡したらいいかを自分で判断する必要がでてきます。

まとめ

一緒の会社で用意するのと、別の会社で用意するのでは、それぞれ良い点悪い点がありました。

自身の知識レベルや求めるものによって使い分けてみるといいと思います。

  • 手軽に利用したいなら、一緒の会社で用意
  • サーバーの変更を考えているなら、別の会社で用意

参考になりましたでしょうか。

 -

↑他の質問も検索する↑