サーバ選び7つの基準

サーバーの選び方を、Googleウェブマスターアカデミーの、7つの考慮点に沿って解説します

エックスサーバー

ディスク容量はどれくらいあればいいの?

   

ディスク容量はどれくらい必要ですか?

レンタルサーバー屋の中の人が回答します。

通常のウェブサイトでの利用は30GBあれば充分。メールやファイルサーバーとして利用する場合は大きめの容量を確保しましょう。

今回のお題は、ディスク容量の決め方です。メニューの差別化要因にもなっているディスク容量ですが、どのような基準で選んだらいいのでしょうか?

結論から言うと、通常のサイト利用の場合は30GBもあれば充分だと思っているよ。

しかし、そんなに少なくて大丈夫なの?と不安に思う人もいると思うので、今回はディスク容量の選び方についてお話しましょう。

わかりました。ディスク不足の心配を取り除けるような内容でお願いします!

サイズを圧迫しているもの何だろう?

レンタルサーバー内でサイズを圧迫しているものは何だと思いますか?

んー、自分のパソコンを見てみると写真が非常に多いので写真でしょうか?でも、サイトを作るために沢山文章をかいているので、文字の情報もたくさんありそうです。

お、鋭いですね。レンタルサーバーもパソコンと同じように写真や文字情報がディスク利用の結構な割合をしめます。しかし、一番大事なものを忘れていますね。

それは、なんでしょうか?

ディスク容量を圧迫する、もっとも多い原因はメールです。長年メールを利用していると結構な容量のメールがたまっていきます。この間、自分のパソコンのメールボックスの容量を見てみると、3GB以上になっていました。

3GB以上ですか!それは凄いですね。もう少し詳しく教えてください。

文字情報だけで1GB使うのは大変

テキストデータで1GBの容量を使おうと思うと、どのくらいの文字数が必要か知っていますか?実は、3億5千万文字も書く必要があります。文字情報で1GBのディスクを使おうと思ったら、3億5千万文字書く必要があるんです。サイトにそれだけの情報量を詰め込むのは相当な労力が必要になりますよね?

3億ですか!?気が遠くなる数ですね。

そうでしょう。ということで、まずは文字情報がディスク利用を圧迫する可能性は考えなくてもいいと思います。

写真は厳選したものを適正なサイズに圧縮しよう

次に画像です。最近の高画質なカメラで撮ったものをそのまま保存していたらすぐにディスク容量が足りなくなってしまうかもしれません。写真1枚で5MB以上の容量がありますからね。

お出かけすると、1回につき200枚以上も写真を撮ることがありますよ!それだけで、1GBいっちゃいますね。

そうですね。でも一度立ち止まって考えてみてください。レンタルサーバーの使い道は写真を保管しておくためでしたっけ?

あ、違いますね。レンタルサーバで、自分が作ったブログやサイトを動かしたいんでした。

そうでしたよね。ということは、撮った写真をなんでもかんでも保存することはないはずです。お気に入りの写真を厳選したものを保存することになります。

保存する場合の注意事項ですが、画像のサイズは必ずサイトに適したサイズにリサイズしましょう。ブラウザに表示させる画像の大きさは限られています。写真を撮ったままのサイズだと、画面をはみ出してしまいます。

そうだったんですね。ちょっとめんどくさいですね。

この一手間が大事なんです。だいたいの画像は500KB以下になるはずです。画像のサイズを小さくすると、ディスクの容量だけでなくページの表示速度なんかにも好影響を与えるんですよ。これについては別の機会に説明しましょう。

メール利用が主になる場合は要注意

レンタルサーバーを使っていてディスク容量の心配が必要になるのはメール利用のときです。

メールですか。意外ですね。良くある問い合わせ用のアカウントを作る場合も注意が必要ですか?

その場合はあまり気にする必要はありません。問い合わせようのアカウントは利用用途が限定されています。フォームからの問い合わせを受け付けて、場合によっては返信をするくらいでしょう。問い合わせの人が特大の添付ファイルを大量に送ってくるようなことがなければ大丈夫です。

注意すべきは、複数人のアカウントを作成し、主要メールとして利用する場合です。普段のメールの利用の仕方を思い出してください。特に意識せずに添付ファイルをつけてメールを送ることがあるのではないでしょうか?

あー、ありますね。このあいだ友達と遊びに行ったのですが、いい写真が取れたので、一緒にいた友達全員に写真を添付して送りました。

リサイズしました?

あ、そういえばしてないですね。高画質のほうがいいと思ってそのまま送っています。

そうでしょう。日常使いのメールとして利用するとなると、写真やファイルの添付を頻繁にしたり、メールマガジンの受信をしたりと頻繁にメールを使うようになります。そうするとあっという間にディスクの容量を圧迫する原因になるんです。利用者が自分だけならいいですが、複数人にアカウントを発行してあげていると、容量増加は加速していきます。

たしかにそうですね。懸賞に応募するときにメルマガ登録をすることが多くて、大量にメルマガを購読しています・・・

ということで、ディスク容量が必要なシチュエーションはわかりましたか?ディスク容量がたくさん必要になるのは、レンタルサーバーでメールを利用したい場合なんです。

まとめ

  • ブログやサイト利用の場合は、ディスク容量は30GBもあれば充分
  • メール利用を主としたいときは、数百GBの容量を検討せよ

ディスク容量に関する疑問が解決しましたか?

ありがとうございます。今までは、自分のパソコンを基準に考えていたので、一番大きなものを選ぼうとしていました。利用用途にあったものを選ぶのが重要なんですね。

そうですね。そのレンタルサーバーで何をしたいか?過剰な投資をしないために、良く考えて選んでみるといいと思います。

 -

↑他の質問も検索する↑