サーバ選び7つの基準

サーバーの選び方を、Googleウェブマスターアカデミーの、7つの考慮点に沿って解説します

自分だけの検証環境を作る方法

サーバエンジニアとして評価されていますか?

サーバエンジニアの皆さま!
上司や先輩エンジニア、または転職先の面接で、期待通りの評価を受けることができていない理由を考えたことがありますか?

  • 手順を順守して作業を行っている
  • LPICやOSS DBの資格取得のための勉強を継続している
  • 資格を多数保持している
  • IT系の雑誌を定期購読している
  • 積極的にセミナーや勉強会へ参加している
  • Google検索で大抵のことは解決している

そのようなことを、日々ずっと続けている。

では、なぜこんなに努力しているのに、同期のライバルより評価が低く、後輩からは頼りにされないのか。転職先の面接で、スキルを高く評価してもらえないのか。努力の結果が、自信の給与に反映されないされない理由は何なのか・・・。そろそろ本気で考えてみませんか?

  • あとで見る人はこちら->

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバエンジニアは減点方式!

障害発生時には、迅速な対応が当たり前に求められる!

障害が発生すると、昼夜問わず迅速に対応する必要がある。無事に対応が完了し報告をあげると、なぜこうしなかったの?などと突っ込まれ、ついつい「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!」と叫びたくなる。どうすれば、不足の事態に柔軟に対応できるようになるの?

安定稼働のための努力を知ってもらえない!

「安定稼働しているのは、日々の運用の賜物」にもかかわらず、仕事をしてない様にみられる。どうすれば、仕事内容をアピールできるの?

自分の仕事の成果をもっとアピールしたい!

できることはやりつくした?

  • 手順に従って完璧な作業を行った!
  • 効率的な運用ができるように改善提案を行った!
  • LPIC Level2を獲得した!

自分はしっかりと業務をこなしているはずなのに、上司に見る目がないのかな?サーバエンジニアの多くはこのような悩みを抱えています。

確かに業務をルール通りにきっちりこなすこと、無駄を省くための提案や、資格取得でスキルを形にしてアピールすることは重要です。しかし、一つ上の信用を得るためには、不測の事態に対応できる安心感を与えることが重要です。その方法とは・・・

「不測の事態に対応できるスキルを手に入れる=自分だけの検証環境を持つ」できる先輩エンジニアは、必ず自分で契約した検証環境を持っています。

自分の検証環境を持つと、どう変わる?

  • 自信が生まれる!

    大切なのは自信を持つこと。自分のお金で借りた検証環境は、あなたが全責任を持つ必要があります。そのため、運用していくうちに自然と自信をつけることが可能です。実践に裏打ちされた自信が、内面からあふれ出てきます。

     エンジニアとしての自信の源

  • 頼られる存在に!

    運用には不測の事態がつきものです。自分だけの検証環境は、一から構築する必要があります。そのため、マニュアルだけでは対応できないシチュエーションに遭遇した場合でも、落ち着いて対応でき、誰からも頼られる存在になります。

     頼られる秘密は・・・

  • 履歴書以上のPRツール獲得!

    実は、転職時の面接では、通常業務以外の意欲も見られています。検証環境を持つことで、意欲の高さをアピールできます。また、検証環境上にブログなどを運営することで、あなたの「人となり」を強烈にアピールすることが可能です。

     転職活動の切り札

検証環境を持つステップ

1.VPSを選ぶ
  自分が契約するVPSを選びます。

2.VPSを契約する
  選定が終わったら、契約を行います。

3.セットアップを行う
  コントロールパネルからOSインストールを行います。その後SSHでログインして、ミドルウェアのセットアップを行います。

4.知識増加!
  セットアップやブログ運営などを通して、幅広い実践的な知識を習得していきます。

5.評価獲得!
  検証環境で獲得した知識を仕事にフィードバックして、高い評価を獲得します。

なぜ、優秀なサーバエンジニアは個人で検証環境を契約しているのか?

個人で検証環境を契約している理由

検証環境:ServersMan@VPS
価格:月467円~

月々たった467円の投資をすることで、毎月数万円の給与アップにつながる知識を獲得できるという価値を持っています。

会社にも検証環境が用意されていることがあります。しかし、あえて自分のお金を使って、自分専用の検証環境を契約しています。自分のお金を払うことで、自分事として考えることができ、やらざるを得ない状況を作り出すことに成功しています。

検証環境一つで、同期のライバル達をリードする

仕事から切り離すことで、同期のライバル達から一歩も二歩もアドバンテージを稼ぐことが可能です。同期が仕事上の狭い視野でしか物事を考えられない中で、あなたは一つ上の広い視野で物事を考え、判断できるようになります。



新人サーバエンジニア必見!検証環境を持つメリット

コマンドのお試し実行し放題!

参照系コマンドと知っていても、初めて実行するときには勇気がいるもの。検証環境があれば、好きなだけ動作確認することができ、自信をもって本番環境で実行ができます。

給与がアップ

先輩や上司の評価があがれば、必然的に給与もアップします。467円の投資で、数万円の給与アップのチャンスが高まります。

情報をアウトプットする側へ

情報をアウトプットすることでより高い学習効果が得られます。検証環境上にブログなどを構築しアウトプットすることで、質の高い学習環境を得ることができます。

頼られるサーバエンジニアへステップアップ!

検証環境を手に入れると・・・

  • 今より給与アップ
  • 不測の事態に適切な判断ができる
  • 上司に重要な仕事を任せてもらえる
  • 後輩から憧れのまなざしを受ける
  • より良い条件の職場へ転職

優秀なサーバエンジニアになるための第一歩を

自分専用の検証環境を手に入れることで、エンジニアとしての価値を高めることができます。職場で与えられたものだけでは、市場で通用するエンジニアに成長することはできません。

それでもまだ、迷っているサーバエンジニアのあなた

優秀なサーバエンジニアであれば所有している、自分専用の検証環境。毎月467円で借りられるVPSの存在は、あなたの3年後5年度10年後を考えると、非常に費用対効果が高い投資です。

VPSは誰でも借りることができるものでありながら、世の中にいる8割以上の平凡なエンジニアは利用していません。自分専用の検証環境を手に入れることができるのは、残りの2割の優秀なエンジニアと、自分が期待する評価を受けたいと考えているあなただけなのです。


  • あとで見る人はこちら->

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日:
最終更新日:2016/01/07