サーバ選び7つの基準

サーバーの選び方を、Googleウェブマスターアカデミーの、7つの考慮点に沿って解説します

エックスサーバー

無料のメールサービス、Gmailのアカウントを作ってみよう

      2016/01/30

検索エンジンで有名なGoogleですが、無料のメールサービスGmailを提供しています。

GmailはSaaS型のサービスで、ブラウザがあればメールの送受信が可能な便利なサービスです。ブラウザはちょっと・・・という人は使い慣れたメーラーを使って送受信することも可能です。もちろん、スマホのメールアプリからも受信可能。Android端末を持っている人は必ずアカウントを作成するので使っている人も多いのではないでしょうか?

最近では、キャリアが提供する@docomo.ne.jpや@ezweb.jp、@softbank.ne.jpではなく、@gmail.comのアドレスを普段使いする人も増えてきました。

今回はこのGmailのアカウント作成方法を紹介します。

Gmailの使い道

私は2種類のGmailアカウントを持っています。普段使い用とサービス登録用です。

普段使い

初代Xperiaを購入していらい@gmail.comのアドレスを普段使いしています。最初はキャリアの@docomo.ne.jpのメールアドレスを捨てることに抵抗がありましたが、実際に替えてみると困ることはまったくありませんでした。

今ではスマホアプリで自動でメールの着信をお知らせてくれますし、スパムメールも自動で弾いてくれるため快適なメール生活を送っています。

サービス登録用

FacebookやTwitterをはじめとするサービスを利用するためには、メールアドレスの登録が必要です。この登録するアドレスに普段使いのメールアドレスを利用すると、色々なメールが飛んできてしまいます。これは非常にストレスです。

対策として、私はサービス登録用にアドレスを作成しています。サービス登録用のアドレスのメールはほとんど見ることはありません。しかし、たまに必要なメールが飛んでくることもあります。そんな場合は、転送設定を入れることで必要なメールだけ普段使いのメールアドレスへ転送して確認するようにしています。

普段使いでGmailを利用するおに抵抗がある人は、サービス登録用としてGmailアカウントを取得してみてはいかがでしょうか?

Gmailのアカウント取得方法

Gmailのアカウント取得は4ステップで完了します。3分もかからないので気軽に利用してみましょう。もちろん無料で利用ができます。

1.Gmailのトップ画面へ移動し、「アカウント作成」ボタンを押します

Gmailのトップ画面へ移動して、赤色で囲ってる「アカウント作成」ボタンを押します。

Gmailのトップ画面:https://www.gmail.com/intl/ja/mail/help/about.html

gmail_top

2.必要な情報を入力する

入力が必須な項目は次の5つです。作成するメールアドレスとパスワードはしっかりと入力しましょう。図では赤色で囲ってある部分が必須入力です。

  • 名前
  • 作成するメールアドレス
  • パスワード
  • 生年月日
  • 性別

gmail_entry

3.Google+のプロフィール設定

Google+のプロフィール設定をするか確認されますが、Google+を使用しない場合は、「使用しない」で良いでしょう。

gmail_g+

4.作成完了!

あっというまに作成完了です。

gmail_finish

5.Gmailを試してみる

実際に利用してみましょう。

gmail

まとめ

gmailの登録は簡単にできましたか?色々なSaaSのサービスを利用するのに便利ですので、ぜひメールアドレスを持っていない人は登録してみてください。

 - サーバー豆知識